ホーム >>ツール・ド・のと400情報

恒例『ツール・ド・のと400』

能登の秋を彩るサイクリングレース

「ツール・ド・のと400」は、能登半島の振興を目的とし、平成元年(1989年)に第1回大会を開催して以来、毎年9月の連休を挟んで実施され、日本で開催される人気のツール・ド大会です。毎年、多数のサイクリストが初秋の日本海の海風を頬にうけ、完走を目指し参戦しています。コースは、国連の世界農業遺産に登録され「能登の里山・里海」の自然景観に恵まれた起伏に富んだ能登半島の海岸線を3日間で一周するサイクリング大会です。総距離が400キロメートルを超えることから、『ツール・ド・のと400』の大会名のもと、国内最長級の大会として全国から多くのサイクリストが挑んでいます。あくまでも交通規則、大会規則を守りながら完走を目指すサイクリング大会ですが、3日間とも「出走制限時間制」が設けられ、設定時間内での走行が求められています。このため、コース途中でのリタイヤを余儀なくされる参加者もいて、サブタイトルの「サバイバル・サイクル」の由縁になっています。

詳しい情報はこちら

詳しいご案内

インターネット予約